@合板

合板の可能性を追求する、いろんな合板通販店

HOME会社概要お問合せ

ワタシたちの仕事日記

伝説の番組「タモリ倶楽部」に出演しました。

「プロレスラー真壁の商売道具 長机を緊急修理!?合板最新カタログ」
プロレスラー真壁が試合の場外乱闘でテーブルを壊しすぎて怒られていると言う事で番組に修理を依頼!?この機会に合板をお勉強、様々な合板の中から乱闘用?の長机に向いている合板を選び修理しよう!

…という内容です。
 

出演者はタモリ・水道橋博士・玉袋筋太郎・ユージ・真壁刀義、そして私。
2015年1月23日にテレビ朝日で放映されました。

 

「合板最新カタログ2015」なんてマニアックな内容で、面白い番組になるのかな…と不安でした。
でも地味な合板をテレビで紹介してもらえれば、合板が輝いて写ってくれればうれしいと思って引き受けました。
もちろんテレビに出られるなんていうミーハーな気持ちもありましたし、タモリ倶楽部という大好きな番組だったからという気持ちもありました。

 

冒頭、「合板の聖地 佐久間木材」なんて嬉しい紹介をしていただきました。

弊社の通販サイト「@合板」で売っているいろんな合板(フィンランドバーチ合板ブナ合板ファルカタ合板シナ合板共芯ランバーコア合板)の紹介もできましたし、姉妹サイトの「エコモク」で売っている木質材料(パーチクルボード木工用LSL)の紹介もしていただきました。
なにより、弊社のメイン商材である抜型合板の説明がカットされなかったのがうれしかったですね。
それこそマニアックな分野ですから。

 

撮影中、強烈なライトを浴びて、またタレントさんたちが面白いお話を隣でされているのを聞いていると、その場にいるのにテレビを見ているような錯覚に襲われ、ボーっとしてしまい、気の利いた事や面白いことは全く言えずにあっという間に終わってしまいました。
終わってから、「あぁあの時こう答えればよかった…」なんてことばかり。
それに、うちの大事な商材たちが本来の使い方をされずに、踏みつけられてバキバキ折られてしまうのは違和感がありました。

 

今回、LSL以外はすべて厚み18ミリを使いました。
テーブルの天板ですと、もうちょっと厚いものをおススメしたのですが、スタッフの方が「折れないとつまらないので…」とおっしゃるので、厚18ミリにしました。
また、材料には使い方があるので、折れてしまった材料が「弱くて悪い」材料ではないことは言わせてください。

 

でもでもそれらを含めて、伝説の番組にあのタモリさんと共演できたことがとっても感動でしたし、貴重な経験をさせてもらいました。
金曜日の夜中、自分が出ている放送を見て、恥ずかしくなり冷や汗びっしょり。
もともと人見知りなので、テレビに出るのはこれが最後だと思います。

 
 
いやぁ、楽しかった!

▲ ページトップへ